生地について

ピザ生地には薄いタイプと厚いタイプがあるのを知っていましたか?私はなにも考えずにピザを食べていましたが日本でのピザはアメリカから渡ってきたピザが影響しています。あなたはピザといったら薄い生地のタイプですか?厚い生地のタイプですか?私は意外とイタリアの薄いピザの方が好きですね♪

ピザ生地とは?

ピザ生地とは小麦粉を発酵させて作られるものです!そのままですね・・・。イタリアではドウと呼ばれているピザ生地はドライイーストや水、塩などでこねて発酵させパンを作るような感じで作りあげます。イタリアでは頭の上で手の平や指を使ってより薄く作るピザ生地が主流です。日本ではアメリカからわたってきたピザが主流なのでチョット厚みのあるピザ生地が使われることが多いです。日本でもイタリア風に本格的に窯で焼いたピザをだしてくれるお店では薄いピザが楽しめるかと思います。

ピザ生地の厚さについて!

ピザ生地はイタリアと日本やアメリカとでは厚さが違ってきます。本場イタリアのピアの生地は薄くて日本で宅配されるものはちょっと厚めの生地になっています。日本ではアメリアのピザがとても影響しているので、アメリカ風ピザになり生地が厚めにものが多いのです。アメリカではイタリアのピザのように薄いピザ生地のことをクリスピーとよびます。


ピザ生地の形は?

ピザといわれると円形を想像しますが、ピザ生地にも円形だけではなく四角い形をシシリア風や円形の半分折にして焼いたカルツォーネと呼ばれるタイプのものもあります。円形のピザはナポリピッツァと呼ばれるタイプになります。

生地を作ってみよう!

家庭でも簡単に手作りの生地を作ってみましょう!

生地のレシピ

材料・2枚分

  • 強力粉:100g
  • 薄力粉:100g
  • ドライイースト:小さじ1
  • 塩:小さじ1/2
  • オリーブオイル:20cc
  • ぬるま湯:3/4

作り方

  1. ぬるま湯300ccに小さじ2のドライイーストと塩、オリーブオイルを入れて軽く混ぜて20分そのまま放置しておきます。
  2. 2種類の小麦粉はふるいにかけ、先ほど混ぜておいたぬるま湯を入れます。
  3. ぬるま湯を入れた小麦粉は外側から中に入るように混ぜます。よく混ざったら丸くまとめてその周りにオリーブオイルを少し生地にかけ、ラップをかけて常温で発酵させます。
  4. 2時間くらい置いておくと、発酵して2倍に膨らみます。ガス抜きをしたら麺棒で伸ばしてピザの形にしてフォークなどで穴を開けて、食材とチーズをのせてオーブンで焼いたら出来上がりです。

☆オーブンの温度は250度で7分〜10分くらいで焼いてください。オーブン種類によっては焼き時間が変わってきますので注意してください。

ピザ生地の保存法

生地は作ってから保存することもできます。ただし空気に触れることなく冷蔵庫にて1週間くらいが限度になります。また作った生地をピザの形に形成しておくなら冷凍保存も可能です。このときも空気に触れないように密封して冷凍庫に保存してください。ピザの形を作っておくにはピザパンが必要になります。ピザパンはステンレス製のものであれば、お値段的にはあまり高いものではないので何枚か用意しておくと便利ですね!

オーブンの無い方も手作りピザを!

ピザをフライパンで焼ける?オーブンのない人にはありがたいですね!製粉会社さんから販売されている商品で発酵をしなくてもフイライパンで手作りピザを楽しめる「ピザ生地ミックス」があります。これなら料理な苦手な方にも簡単に手作りピザが楽しめていいですね♪
そのほかにはチョットお値段的には高いので(13,440円)オーブンを買ったほうが良いと言われるかもしれませんが、ガスコンロで本格的なピザを焼ける「ピッツェリア」という本格石窯もありますよ♪


TOP