アメリカでの事情

イタリアからアメリカに渡ったピザはどのような道をたどっていったのでしょう?アメリカから日本へと渡るピザとは?いまやアメリカでは、ハンバーガーやホットドッグと並ぶ地位となっています。

アメリカとは?

アメリカは50州からなるアメリカ合衆国のことをいいます。首都はワシントンD.Cになります。アメリカに住んでいる住民は数少ない先住民以外は移民などです。世界的にみても新しい国になります。「自由の国」とも歌われていますが、州によっては厳しい決まりや人種差別などの問題を抱えてもいます。日本ではよくアメリカのことを米と表記しますが、本当は漢字で書かれるアメリカは「亜米利加」と書かれます。明治時代にはメリケンと呼ばれていて、感じでは「米利堅」とされていました。

アメリカのすごいところ!

アメリカのすごいところは経済規模が世界で1位、アメリカの土地面積と人口が世界3位とスケールが多きところ!日本はアメリカの文化の影響が多きくハンバーガーなどの現在のファーストフードはアメリカからの文化になります。でもその反面では日本からの職分かなども流行して寿司、豆腐などのヘルシーな食文化も取り入、柔軟なところもありすごいです。

アメリカでのピザ事情は?

イタリアからきたピザはアメリカで育ったといっていいほどの成長をしています。デリバリーサービス(宅配)もアメリカが始まりです。現在ではアメリカが一番ピザを食べているのではないでしょうか?アメリカにピザは19世紀にイタリアからの移住民によって家庭で作られたピザが元になっています。本場のピザよりの生地が厚いのはパンの残った生地から作られたからなのです。20世紀の始めにはアメリカでもピザのお店が続々とできてきました。その後はピザメーカーもでき冷凍ものなども開発されアメリカには無くてはならない食べ物になっていきました。

アメリカのピザの特徴は?

アメリカのピザに特徴は、イタリアよりもちょっと生地が厚めになります。使われる食材もイタリアのものよりもボリュームがあります。アメリカのピザでもニューヨークでは、なかなかのお味で本格派が多く、まずい店はすぐになくなってしまうほどです。それはニューヨークがイタリアからの移民が多く住んでいるからです。

アメリカの宅配ピザ!

アメリカでは宅配される食べ物として定着しています。アメリカでもたくさんの宅配業者があり、日本でもこのシステムが定着して「宅配ピザ」のイメージが強くなっています。宅配のほかにアメリカは冷凍のピザも普及していて、ほとんどの家庭で大型のオーブンが設置してありピザを焼くときに大変重宝しているそうです。

日本でもアメリカンピザを!

やっぱりアメリカンピザと言ったらシカゴ・ピザになります!日本でもシカゴ・ピザ(ディープディッシュピザ)を食べられる宅配ピザのお店があり、このピザは特別企画のために1日限定10枚になります。ボリューム満点で食べ応えのある、大人気のシカゴ・ピザを皆さんも機会がありましたらぜひお試しあれ!アメリカン気分を味わうことができますよ♪

アメリカの食生活!

アメリカはとても冷凍食品が充実しているようで、なるべく手間をかけずに作りたいということからいろいろなものが冷凍食品として売られています。ピザをはじめパスタやデザートまでも冷凍食品があります。でも日本も最近では冷凍食品が充実していますよね?お弁当に冷凍されたまま入れて自然解凍でおいしく♪なんて日本はアメリカの影響をすごくうけていますよね!それとアメリカ人の食事は量が多くて野菜が少ない傾向があり最近の若者に見られる食事はアメリカの食生活と似てきていますね。

TOP