ピザ

ピザは皆さん食べたことはありますか。パーティーなどで良く使われるピザはチーズが嫌いな人じゃなかったら一度は食べたことのあるはず!日本では宅配されるピザが主流になっていますが本場のイアタリアではどのような時に食べられるか皆さんが知っていますか。意外と知られていないピザがありますよ。

ピザとは?

小麦粉を発酵させて作ったピザ生地にトマトソースをのせて、お好みの野菜や肉などをトッピングした上にチーズをかけて焼き上げた食べ物です。本場はイタリアになり、本場でもイタリアの北と南では異なり、日本ではオーブンで焼くのが主流です。本場のイタリアではオーブンも使うのですが、ピザ専用窯(かま)がありそこで焼かれます。ピザって名前は日本の呼び方になりイタリアでは「ピッツァ」とよばれますが、日本に入ってきた当時はこれを発音する音がないために「ピザ」と呼ばれるようになりました。でも最近では日本語も変わってきているため、「ピッツァ」とも呼ばれるようになってきました。

本場イタリアのピザとは?

本場のイタリアでは北と南では少し違いがあるようです!
北部のピザはローマ風とミラノ風になり、南部はナポリ風です。
この違いは何になるのでしょうか?
イタリアでは専用の窯で焼くために一般のレストランではピザを出すことはありません。
その代わりに専門店の「ピッツェリア」で出しています。


日本のピザって?

日本では宅配がメインのお店もたくさんあります。
中でも有名な店は「ピザハット」や「ドミノピザ」などがあり、メニューも日本人向けにいろいろなものが用意されているのも魅力です。
日本では宅配だけがすべてではありませんが、便利な宅配を利用しているのが現実です。
イタリア料理専門で取り扱っているレストランでは専用の窯を作り本場の味を再現して提供してくれるお店もあります。

作り方って?

作り方は基本的に小麦粉で作った生地を丸い形にしたうえに野菜や魚介類などをのせチーズをかけます。
それをオーブンにて焼きチーズがとろけてきたら出来上がりととても簡単な食べ物です!
専用のカッターなどもあり食べやすいように切り分け、手で食べることもできるのです。
意外にもチーズを使わないピザも存在するとか…。

食材は?

食材はいろいろなものをのせますが、野菜や肉類、魚介類などをお好みでのせますが本場では地方によって乗せる食材が変わるのです。山地はきのこなどの食材になり、海の食材ではアンチョビなどです。
チーズも日本のようにピザ用として用意されて物ではないチーズを使っています。ソースもそうです!日本ではしょう油ベースのソースなどが作られていて本場のイタリアには存在しないソースです。生地自体も国や地域によっては厚さなどに違いがあり、呼び方もいろいろです。

食べ方ってあるの?

食べ方ってあまり聞いたことはないですよね?正しい食べ方はあるのでしょうか?普通に手でいただくのがマナーなのでは?食べ物に合う飲み物って人それぞれ好みはありますが、「これだ!」という飲み物ってありますよね!ピザをおいしく、楽しく食べるコツを教えます!

市販のピザってどう?

市販されているピザには、最近ではオーブンを使って作るタイプのものばかりではなく、電子レンジで「チン♪」するだけでOKなものも発売中です。イメージ的にはオーブンで焼いた方がおいしそうと思いますが、レンジで作るタイプもなかなかおいしいですよ♪でもオーブンで焼くものとは違ってこんがりってわけにはいきませんが、オーブンのない家庭ではとても助かりますね!

TOP

このエントリーをはてなブックマークに追加